乳癌治療に長けた医師に頼ろう|迅速行動が生き残る鍵となる

男性医師

医療技術の進歩で変化も

胸を触る中年女性

薬物療法や放射線療法も

女性に多く見られる癌の一つが乳癌です。男性も割合的には少ないながらも発症するリスクがあるために女性特有の癌ではありませんが、やはり女性は特に注意したい病気の一つです。乳癌は他の臓器に転移しやすいという特徴を持っているために、以前は乳房切除術による治療法が一般的でした。しかし、最近では薬物療法や放射線療法などと組み合わせて総合的に治療することが大切だとされてきています。手術のみでの治療法と比べ、これらの治療法を同時に行うことがより高い確率で乳癌を治療することが出来るようになってきたのです。補助的な役割だった薬物療法や放射線療法を最初に行うことで、大きな乳癌も縮小させて手術がしやすいようにするなど医療技術の進歩によって大きく変化しつつあります。

生活の質を下げずに

かつては乳癌の手術というと乳房を切除してしまう方法が一般的でした。これは乳癌は転移しやすいという特徴を持った癌であり、再発を防ぐために行われていたからです。ですが、最近では必要以上に切除しても転移する可能性にはさほど変化は無いということで出来るだけ乳房を残す乳房温存術と呼ばれる手術が行われるようになっています。女性にとって乳房を切除してしまうというのは大きな問題であり、その後の生活に大きな影響を与えてしまいます。そこで治療後の生活の質を落とさないような治療法が行われることが多くなっており、乳房温存術を選ぶ人も増えています。また、乳癌の治療には乳房を切除するかどうかではなく早期に発見することが大切だとされ、定期的な検査を行うのが重要です。