乳癌治療に長けた医師に頼ろう|迅速行動が生き残る鍵となる

笑顔のナース

医療技術の進歩で変化も

胸を触る中年女性

女性に多く見られ転移しやすいという特徴を持った乳癌は、従来は乳房切除術が行われるのが一般的でした。しかし、医療技術の進歩によって薬物療法や放射線療法と組み合わせての治療が行われるようになりつつあります。乳癌の治療法でも、最近では生活の質を下げずに行えるとして乳房温存術が行われるようになっています。

詳細へ

病気への意識と行動

頭を押さえる人

乳癌は早め発見が何より早く完治出来る手段です。普段から自分の身体の状態を把握し、定期的な検査や乳癌団体に参加して話を聞くのが良いです。また乳癌になっても同士がいれば心強く、治療にも前向きに立ち向かう事が出来ます。

詳細へ

女性のがん

悩む人

症状の現れ方は様々です

乳癌を疑われる症状の一つとして知られているのが、乳房のしこりです。実際、ほとんどの乳癌は手で触れたときに何らかの違和感やしこりを感じます。一般的に推奨されている自己検診でも、このようなしこりに気を付けることが勧められているのが常です。ですが、乳癌のタイプによってはしこりを作らない場合があるため、自己検診で安心せずに定期的に画像検査を受けることが求められます。実のところ乳癌の触診は、素人には非常に難しいのが現実です。乳腺組織をしこりと間違うケースも多いため、正確な診断はやはり専門医の元で受ける方が安心出来ます。画像検査では、しこりを作らないタイプの乳癌やしこりを形成する前の乳癌の兆候を発見することが可能です。迅速行動が生き残る鍵となります。積極的に検査を受けるようにしましょう。

検診施設を選びましょう

現在では、様々な施設で乳癌検診が行われています。乳腺外科専門の病院や一般的な総合病院では、ほぼ何らかの形で乳癌検診を行っている状況です。このような検診を受ける場合には、施設を選ぶ一工夫が役立ちます。特に自覚症状がある場合は、万一の際の治療も考えて治療の専門医のいる病院施設を利用するのがコツです。乳癌の治療を始めるにあたっては、やはり画像検査のデータや症状を記載したカルテなどが大きな参考資料となります。ですので、最初の段階からデータが揃っていることが治療を容易にすることが多いです。乳癌治療を日々行っている医師の場合には画像の見極め方も熟練しており、より正確な診断を受けられる可能性があることも大きなメリットと考えられます。

適切に判断していく

病院

乳癌の治療は進歩しており、これからは個人にあわせて治療がおこなわれるケースが増えていくといえます。初期症状に気づけば、乳癌は早く治すことができます。気付いたことがあれば、早めに医師に相談するとよいです。

詳細へ